プログラマに比べると変化に対応しやすい

プログラマに比べると変化に対応しやすい

プログラマは限られた言語、工法において深堀りし、そのスキルを高めていくことが求められますが、将来準的にその工法(言語)が長く使われるとは限界ません。常に時世の流れに合わせた言語を吸収し、温習うを重ねていく入り用がありますが、業務上で携われる言語は定着されるケースが多端為、業務で最新言語にぐんぐん接触というケースはまず皆無でしょう。

もちろん、SEも本人から率先してエポックの変化と更テクニックに対するアンテナをはって積極射的に自我の学識として柴刈りていく向上心は不可欠です。SEは、業務遂行上方、必然目当てに常に世の中目当て技芸に接するため、プログラマに対比とその変化に対照しやすいというメリットがあります。

優秀なSEはITサービスが存在する極み、ご高需がありつづける職種といえるでしょう。